会社辞めてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。こんばんは。

いつもありがとうございます。アクシデント佐々木です。

突然ですが、本日を持ちまして、会社を退職いたします。

今まで応援してくださったファン(twitterフォロワー:8人)の方々並びに、

当ブログに足を運んでくださった皆さんには

感謝してもしきれないくらいのアクセス数をいただきました。

それにより発生した収益は僕の血となり肉となり、乾いた大地に潤いを与えてくれました。

思い返せばいろんなことがありました。

全然気の合わなさそうな仲間たちとランチに行き、大学生ノリの社員たちと酒を飲む。最初のイベントだけ出席し、月一の帰社日に給料交渉。そのうち副業をはじめ、クライアントに恵まれる。すぐに副業の収入が給料を上回り、「独立」という選択肢を真面目に意識するように。それからクライアントとの継続的な契約交渉。そして今日。

こうして書いてみると、会社員としての思い出はほとんど無いことが判明しました。

しかし感謝はしております。

ただのコンビニ店員だった僕を生暖かく迎え入れてくれ、副業の許可をしてもらい、現在のクライアントとのコネまで作ってくれたんです。

これ以上、何を求めることがあろうか。

そうですよね。

金ですよね。

もちろん、会社員としてやっていけば、毎年5000円くらいは給料が上がるし、ボーナスも業績によって上がったり下がったりするのでアテにはしてないけど正直言っちゃうとアテにしてるし、年金も税金も会社が支払いを管理してくれるし、単価の半分以上搾取するし、良いこと尽くしなんです。

でもやっぱりよく見直してみると「単価の半分以上搾取」はどう考えても悪いと思うんです。さすがに取りすぎだよと。

あとこれは真面目な話ですが、会社に所属する=安定 ではないと思うんです。むしろその思想って怖くありませんか?会社に依存するということは、会社がなくなったら終わり。会社の言いなりです。それに、都合が悪くなったらリストラもできますからね。毎月決まった額のお金が期日までに振り込まれるから「安定」していると勘違いしてはいけません。

とまあ、色々あるのですが、まとめると僕の考え方に「会社員」という働き方が合わないんです。だから会社辞めようと。そういう訳なんです。

働いた分だけお金を貰い、どこでも、いつでも働くことができて、何を決めるのも自由。100%自己責任でスリル満載、生きてるって感じます。最高です。


急ですが、今回はこんなところで。

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもやってます。

コメントを残す

*