【これが】ネットショップの作り方【真実】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップを作りたい!
と思って
まず最初に何を考えますか?

僕なら

ヤフオク、メルカリ、フリル、など。

手軽に始められるものをまず選びます。

メルカリやフリル等は、販売手数料が高いので僕は好みませんが、ヤフオクなら手数料も安いしオススメです。

正直に言ってしまうと

僕はネットショップなんて作らなくても良いと思います。

ネットショップを疑似的に作ることなら、何らかのサービスを使えば簡単にできてしまいます。

しかもランニングコストも掛からないものが多いです。

では

ネットショップは本当に要らないのか?

そんなことはありません。
※ここからネットショップを開業したくなる洗脳が始まります。

ネットショップを作るメリット

まず、満足感です。

ヤフオク、メルカリ、フリル
で出品しても
それはショバ代を払って商品を売っているだけで
間借りに過ぎません。

ネットショップを作ると、自分がオーナーの店ができます。

イニシアチブを存分に発揮して
自分の店を好きなように作りましょう。

この満足感は間借りでは味わえません。

ネットショップのランニングコスト

掛かります。

確実に、ヤフオクより掛かります。

今のご時世、クレジットカード決済導入は必須という前提ですが、それだけでも月々最低1500円くらいは加盟料が掛かります。

さらに、ネットショップはホームページですので、サーバーが必要です。
月々のサーバー代は1000円程度掛かります。初期費用は、何ヵ月分かを前払いするパターンが多く、大体5000~15000円くらいになります。

さらに、ドメイン費用は取得で1000円~3000円程度、1年ごとにその料金が発生してきます。

さらに、SSL証明書を発行する場合(発行をオススメします)、安くても2000円~10000円が1年毎に掛かります。

どうでしょう。

ランニングコスト、結構お高いでしょう。

このコストをどう捉えるか。

私は、コストをかける→本気で取り組む

という思考回路が働くので
このコストはむしろ掛けたいくらいです。

でもそれは、手軽に、ちょこっとネットショップを始めたい人には当てはまらないので、本気度が高ければ、このコストの問題は簡単に超えられるでしょう。

ネットショップ作成に必要な知識

今は、簡単にネットショップ(ホームページ)を作れるサービスがたくさんあるので、そのどれかを使って作れば、専門知識などは必要ありません。

例えば

BASE
MakeShop
shopify

こんなのが星の数ほどありますので、どれでもいいので使ってみるのもアリです。

これらで満足できないプロフェッショナルな方は、当社(WEBつく)にネットショップ作成をご依頼ください→こちらから

自分のネットショップを持つ意味

まず、だれかに紹介するとき、ホームページのアドレスを教えてあげるだけでOKになります。

さらに、アドレスを教えるという名目で、狙っている女の子とLINE交換することができます。

あとマジメな話、名刺にURLを記載できます。これは結構デカイのではないでしょうか。
「ちゃんとやってますよ感」は凄く出せます。

また、しっかりとSEO対策をすれば、検索からの流入を狙えます。google検索からお客さんが入ってくるようになれば、あなたのネットショップは完全に成功したといえます。

さらに、google検索での露出を増やすために、広告を出すこともできます。(お金はうん十万円~くらいは掛かります)

まとめ

ネットショップを本気でやりたい!

これで食っていくんだ!

というくらいの意志がある方は、ぜひとも自分のネットショップを作ってみてください。

さいごに

オススメのWEB制作会社を紹介しますので、絶対にそこでご依頼ください。
「当HPを見た」
とお伝えいただければ、通常価格の50%OFFで作成いたします。
↓↓↓↓↓

今世紀最大にして最強のWEB制作会社

それでは今後ともWEBつくをよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもやってます。

コメントを残す

*