【ここでハマった】xserverにて.htaccessをFTPで直接アップしちゃた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、どのサーバーでホームページを運用していますか?
僕はxserver至上主義なので(エロサイトの時だけmixhostを使いますが)xserverを使うときの注意点として以下書いていきます。
まぁでも、xserver使っている人が日本では一番多いんじゃないかと思います。

てなわけで Let’s go!

.htaccessを編集する(NGパターン)

そんな時、少しだけWEBかじってるような、微妙に知識があるやつは大抵、カッコつけて.htaccessファイルを直接いじってしまいます。
かくいう私もそんなことをやっておりました。

.htaccessをFTPでアップする(NGパターン)

もちろん、FTPソフトを使っても、xserverのウェブサイト上でファイルマネージャーを使ってもできますが、とにかく.htaccessファイルをアップします。

サイトが表示されなくなります(NGパターン)

記憶が確かではありませんが403エラーが出たような気がします。
私の時は、全てのページが閲覧不可になりました(泣)

では、どうすれば良かったのか。
何が間違っていたのか?
解説いたします。

.htaccessを編集する(OKパターン)

必ず、xserverのサーバーパネルから「.htaccess編集」と進んで編集してください。これ以外の道はありません。

.htaccessをアップする(OKパターン)

「.htaccess編集」にて編集し、最後に「確定」ボタンを押せば.htaccessがアップされます。

サイトが表示されます(OKパターン)

表示されますという言い方も変ですが、今までと変わらず閲覧できる状態を保ちます。

あとがき

いかがだったでしょうか。

私は当時、サイトリニューアル作業をしておりまして、全部やり終えて表示確認も終えてから、「あ、リダイレクトの設定しなきゃ」と思って軽いノリで.htaccessをいじってアップしてしまいました。そして全ページ403エラーを発症したのです。

他のサーバーでは直接上げても問題ないところが多いのですが、xserverでは必ずサーバーパネルから設定するようにしましょう。

以上、しくじり先生的な回でした。

またこんなんやります。

ではまた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもやってます。

コメントを残す

*