WEBつく Official Blog OPEN!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めまして。WEBつく代表の佐々木です。

私はこれまで、仕事と人生において数えきれないほどのアクシデントに遭遇してきました。

その一つ一つを乗り越えてきた経験が、かけがえのない財産となり、今の自分を形作っています。

WEBつく@アクシデント佐々木

当ブログは、WEB制作事業(WEBつく→https://webtuku-dot.com/)をスタートしたついでに発足しました。今後、社長(私)の備忘録と武勇伝を兼ね備えた、非常にハイブリッドな内容をお届けしていこうと目論んでおります。

まずは挨拶がてら、私の経歴を少し書きたいと思います。

私は、1993年、そう、特に何もピンとこないあの年に生まれました。

小さい頃はそれはもうやんちゃ坊主で、よく靴底が剥がれ落ちてはくっつけ、剥がれ落ちてはくっつけという日々を過ごしていたおかげで、ボンドの使い方については若干5歳にして大人のそれを遥かに凌ぐ技術力を身に着けておりました。

こうしてボンド界に疾風のごとく現れたニューカマーとして恐れられた私は、小学生になりました。

それからはほとんど記憶がありません。気が付けば訳の分からん会社に新卒入社していました。

そこで私はプログラミングに出会います。

これこそが私の人生の転機でした。

今まで、自他ともに認めるド文系として生きてきた私にとって、プログラミングの世界は未知との出会いでした。

私はjava,htmlと、基本的なcssを身に着け、着々とエンジニアとしての道を歩み始めます。

そして月日は流れ、忘れもしないあの日。

私は会社を辞めました。

理由は簡単です。いじめられたからです。

薄々感づいてはいたのですが、私は極度の社会不適合者だったようで、とにかく大勢で何かを成し遂げることが不得意でした。

レギュレーション?とか、みんなで決めたルールを守るという、ごく一般的に身に着けておくべき能力が、私には欠けていたんです。

そのため、上司にはイジられ、社長にはイジられ、しまいには後輩からもイジられるようになり、まぁこれは私が頭のおかしな人間だったせいでもあるっちゃあるのですが、とにかく全ての社員にイジられるようになりました。

私はイジられ耐性はある方なのですが、この時は四方八方から攻め込まれすぎてさすがの私も参ってしまいました。

そして、会社を辞めるという決断に至ったのです。

そこからは記憶がすっぽり抜けていて、気が付いたら今朝だったのですが、今は独立してWEB制作を行っております。

仕事が100%自分のやり方で進められる状況では、まさに水を得た魚のように、能力を最大限に発揮できます。よって、今の私は100%です。

もっと言えば、今は開業届を出して間もないことから、非常にテンションが上がっており、まさに酸素水を得た魚のように、能力を200%発揮できる状態です。

当社(私)に仕事を依頼するなら、今が一番良いタイミングです。とっても脂がのっています。

要するに、経歴を書くふりをして仕事を依頼したい気分にさせようという悪徳商法です。騙されてください。仕事ください。お金ください。

今後も、色んな事を書いていきます。

事業のこと、プライベートなこと、預金残高など。

これから、是非当ブログを応援よろしくお願いいたしますm(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもやってます。

コメントを残す

*